awsの運用サポートの上手な活用方法

パソコン19

awsを利用することでより広範囲な事業内容を展開することも容易になりますが、リスクも比例して伴います。クラウドサービスのリスク回避の一つの方法に保守があります。awsにおけるサーバーやインスタンス、アプリケーションなどの保守はオンプレミスとは異なりそれぞれの守備範囲があります。

awsの公式保守サービスや、運用代行サポートを利用する場合のメリットや上手な活用方法を紹介します。

awsの運用代行にかかる料金の基本と節約の仕方

awsの保守の必要性

awsはアマゾンが提供するクラウドサービスです。オンプレミスの製品と異なり、データセンターの物理的なサーバーの保守はアマゾン側が行うため、保守はオンプレミスほどシビアになる必要はありません。しかし全く保守なしでawsを稼働するのはリスクが高すぎます。

サーバー自体は常に最新のセキュリティパッチやファイアウォールが適用された安全な状態で提供されますが、その中で利用するOSやアプリケーションなどに対するセキュリティリスクについてアマゾンは責任を負いません。

また、システムが正常に稼働しているかどうかの監視や各種障害対応などに関してもアマゾンの対応範囲外となります。これらの保守はawsを実際に利用する側の責任において実施する必要があります。awsの中で稼働するシステムにも保守がある場合でも、aws内で稼働させることで発生する互換性の違いやバージョン違いによって発生するリスクも想定し、awsの保守は行っておくのが理想です。

awsの公式サポートプラン

awsには公式のサポートプランが用意されています。このサポートプランはawsの監視やトラブルや障害対応を24時間体制で行ってくれるサービスではなく、awsのメンテナンスにおいて不明点がある場合に電話などで問い合わせを受け付ける窓口です。

保守契約はいくつかの種類に分かれており、無料で使えるサービスから有料の手厚いサポートを受けるプランまで揃っています。無料プランではアカウントを作成すれば誰でも利用できるサポートプランでFAQやリソースセンターの提供を始め、ダッシュボードや健全性チェックができるなどの機能を有しています。

一方、ハイスペックのサポートプランでは、業務基幹システムのダウンが生じた場合に、一定時間内にサポートを開始する事を約束したり、aws専門家の手配を行ったり、コンサルティングやオペレーション評価を利用する事もできます。

運用代行でawsの監視体制を強化する事を前提としている場合にも、aws公式サポートの契約をしておくメリットがあります。どんなに運用代行の実績があるサポート会社でもawsサーバーを管轄している訳ではないため、基幹システムの不具合の原因を掴むための時間を要します。

awsの公式サポートプランを利用することで原因追及までの時間を短縮させ、基幹システムの復旧までの時間を最小限に抑えることができます。

運用代行サポートを利用するメリット

awsの公式サポートは、あくまでも相談受付をメインとしているため、何か問題が生じた場合でないと使う事はできません。セルフで健全性などのチェックはできますが、監視するのは手作業となります。awsが常に安心できる状態で稼働していることを管理するためには運用代行サポートを利用するのが最もおすすめの方法です。

また、アマゾンのサポート範囲外についても、保守契約を独自に結ぶことができるため、運用全体のリスク範囲をカバーすることができます。会社によってプランは異なりますが、運用代行会社はawsの監視や障害発生時の通知、自動復旧などの障害発生時の一次対応、技術サポートや日々の運用オペレーションの代行などを担っています。

awsのリスク対策で最も重要なのが監視と通知です。障害発生時にリアルタイムに関係者に通知を行い、障害発生の影響を最小限にとどめます。さらに自動復旧などの一次対応を兼ね備えておくと、Webサイトが参照できなくなる事態を防ぐことも可能です。

運用代行を利用する事で自社の人件費などを削減できるメリットも生じます。保守を24時間体制で組むと人員コストなどが発生しますが、運用代行会社は複数の会社の保守を同時に遠隔で行っているため、人件費を分散させることができます。

そのため、自社で保守人員を雇用するよりも低コストで保守体制を敷くことができます。

awsの運用開始時や点検時にはチェックリストを活用

運用代行サポートを選ぶポイント

運用代行サポートは会社によってサポート範囲が異なるだけでなく、プランも手広く用意しているケースもあるため、運用代行会社選びが重要なポイントになります。手厚いサポート内容があるに越したことはありませんが、それだけ料金も高くなります。

運用代行会社やプランを選ぶ際には、どの程度のサポートを受けるのが最低限必要なのかを見極める事が大事なポイントです。これらは運用内容によって異なります。社内活用だけしている場合には、営業時間や影響範囲が限定されます。

その中で24時間体制の自動復旧プランを契約するのは意味がありません。一方、エンドユーザ向けのECサイトを展開している場合に監視と通知だけのサポートプランでは、障害発生時の影響が大きくなってしまいます。そのため、必要最低限のサポート内容に対応するプランを有しているかどうかが判断基準になります。

また、会社選びでは実績や技術力などで見極める事が大事です。料金で判断することも重要ですが、いざ障害が発生したときに対応に不十分さがあれば、保守契約している意味をなしません。awsでは技術者の認定資格制度があります。

認定資格を有している技術者がどのくらいいるか、障害発生時の知見や技術力を有しているか、過去にどのような実績があるのか、現在契約している会社の数などを判断基準に見極める事が大事です。もちろん、会社の中枢部分を外部委託するため、セキュリティポリシーが合致しているかなどの判断軸も大事です。

運用代行サポートで失敗しないために

過度な保守はコストの無駄使いでしかありません。オンプレミスからクラウドに変更する事でコストダウンを実現しても保守で費用がかかってしまっては意味がありません。運用代行の契約の際に、委託先任せでは必要以上のサポート契約をしてしまうことになりかねません。

そのため、自社でawsに関する一定の知識を有し、必要なサポートと不必要なサポートを見極められるようにしておく事で無駄なコストをかけずに済みます。

また、すべての運用オペレーションまで委託先に任せてしまうと自社のawsに関する知識やノウハウの蓄積につながらず、将来的にも常に運用オペレーションを依頼し続けなければならなくなります。

監視や通知、自動復旧などの生命線ラインについては、運用代行サポートを最大限活用してリスク管理を徹底するとともに、日常の運用オペレーションについては、できる限り自社で実施するようにし、技術的な不明点などを運用代行サポートのアドバイスを受けることができるのが最も望ましい管理体制です。

今後のawsの運用方針などを運用代行会社に共有した上で、二人三脚で実行できる会社選びが理想です。

awsって導入すべき?会社にawsを導入して運用することのメリット

awsの運用代行サポートを上手に活用して安心運用

パソコン22

awsを安心して運用するためには保守が必要不可欠です。自社で行う事もできますが、専門性が高くすべてを任せることができる運用代行サポートを利用するのがおすすめです。awsの運用方法によってリスク範囲が異なるため、過剰なサポートにならないようにする事と、運用オペレーションは自社主体でおこないつつ、技術サポートを受けるのがおすすめの方法です。

Posted on