awsって導入すべき?会社にawsを導入して運用することのメリット

パソコン22

会社を経営している人の中にはawsに興味を持っている人もいるのではないでしょうか。しかし、具体的なメリットが分からないとawsの導入に踏み切れないものですよね。そこで今回は会社にawsを導入して運用していくことのメリットについて紹介していきます。

ここで紹介するメリットを知ることによってawsの導入に踏み切りやすくなるかもしれません。

awsの運用代行にかかる料金の基本と節約の仕方

初期費用が必要ないため導入しやすい

他のクラウドサービスやアウトソーシングサービスを利用しようと考えている場合は、初期投資の費用を準備する必要があります。資金力の弱い企業にとってはハードルが高いため、クラウドサービスやアウトソーシングサービスの利用を躊躇う人も少なくないでしょう。

それに対してawsは初期投資の費用が必要ありません。初期投資の費用が必要ない分、他のクラウドサービスやアウトソーシングサービスよりも導入しやすいというメリットがあります。他のクラウドサービスやアウトソーシングサービスの中には固定料金が請求されるものがあります。

月額費用や年額費用の料金プランを用意しているサービスが多いので、利用している限りは月単位や年単位で同じ料金を払い続けなければならないという問題があります。それに対してawsは使った分だけ料金が請求されるシステムになっています。

データ量を基準に月々の料金が決まるので、閑散期の出費が少なくなるというメリットが得られます。使用したいサービスだけを使うことができるので、必要のないサービスや使っていないサービスの料金請求が行われないのも魅力的なポイントでしょう。

マーケティングを基準に利用するサービスを変更できる

マーケティングの内容によっては使用中のサービスが上手く機能していないことが判明するケースがあります。月単位や年単位で契約しているサービスを利用している場合は、その契約内容を更新できる時期が来るまでは利用するサービスを変更できないパターンが多いです。

そのためマーケティングでの結果をサービスの利用に反映させるまでに時間がかかるでしょう。awsの場合は、いつでも利用するサービスを変更できるというメリットがあります。すぐに利用するサービスの内容を変更できるので、マーケティングの結果を瞬時にサービス利用に反映させることができるでしょう。

いつでもサービスの内容を変更できるので、繁忙期に利用するサービスと閑散期に利用するサービスで使い分けを行うのも良いでしょう。そうすることで無駄な出費を減らせるので、浮いたお金を別の事業に使用できるようになるというメリットも得られます。

システムの構築がスムーズに行える

オンプレミス型のサービスを利用する場合は、システムを構築するための機器を導入する必要があります。機器を導入した上でシステムを構築していくので、サービス利用までの時間が長くなるという問題を抱えています。awsはサーバーのハードウェアやソフトウェアを調達する必要がないというメリットを持っています。

ハードウェアやソフトウェアの調達が必要ないので、オンプレミス型よりもシステムの構築が早いです。システムの構築が早い分、他のサービスよりもサービス利用もスピーディーに行えるでしょう。オンプレミス型はスペックをアップグレードするためには、ハードウェアやソフトウェアの増設が必要になります。

オンプレミス型はスペックのアップグレードのために、ハードウェアやソフトウェアを置くスペースを確保しなければなりません。awsの場合は仮想サーバーを活用することになるので、ハードウェアやソフトウェアを増設するためのスペースを確保する作業がいりません。

利用者の数が増えていけばスペックを上げればいいでしょう。閑散期になり利用者の数が減ったと感じたら、すぐにスペックを下げるということもできます。

メンテナンスに関するコストも不要

会社にawsを導入して運用していくことのメリットは、メンテナンス面にもあります。オンプレミス型は使用年数が長くなると、ハードウェアやソフトウェアの買い替えが必要になるケースも珍しくありません。買い替えまでは必要なくても定期的なメンテナンスを求められることも考えられます。

そうなれば定期メンテナンスを行うためのコストが必要になるでしょう。資金力の弱い会社にとってはメンテナンスでの出費も痛手になることがあります。オンプレミス型ではなくawsを導入して運用していた場合、メンテナンスが不要です。

買い替えやメンテナンスが必要ないので、それに関する出費で悩むこともありません。

技術の進歩に対する対応が早い

他のクラウドサービスやアウトソーシングサービスは技術の進歩に対応するのが遅れてしまうケースも考えられます。awsの場合は最先端の技術が開発されれば、それに対応したサービスの提供を行ってくれます。そのためIT業界の技術の進歩に乗り遅れることなく、最先端の技術を駆使しながらビジネスを進めていけるという利点があります。

古くなった技術が使われているサービスの中にも、ビジネスに使えるものはあるでしょう。そのような古くなったサービスは値下げされることも多いのが、awsの魅力的なポイントだと言えます。

セキュリティ対策も万全

クラウドサービスやアウトソーシングサービスを利用するときには、セキュリティ面の心配をする人もいるのではないでしょうか。awsは定期的にセキュリティ対策の更新が行われます。そのため外部からの悪意のあるアクセスを防ぎやすいというメリットを持っています。

セキュリティ対策が万全に行われているので、会社の機密情報が外部に漏洩してしまうことも少ないでしょう。

災害時にもデータは守られる

台風や雷、地震などの災害によってパソコンが使えなくなることもありますよね。そのような状況で気になるのがデータがなくなってしまう可能性があることでしょう。他のクラウドサービスやアウトソーシングであれば、データを紛失してしまうこともあるかもしれません。

しかし、awsの場合はバックアップ機能があるので災害時にもデータは守られています。パソコンを使えるようになったら、バックアップに残っているデータを引っ張り出してきて復旧作業を行いましょう。awsの運用を行う上での注意点として挙げられるのが、バックアップ機能が自動運用されないことです。

自分でバックアップ機能を使うように設定しておかなければ、バックアップ機能は作動しないので注意しておきましょう。

awsの運用サポートの上手な活用方法

awsを運用して会社の経営を成功させよう

awsは資金力の弱い会社を持っている人にも利用しやすいクラウドサービスだと言えます。特に閑散期における余分な出費を控えられるのが魅力的なポイントでしょう。awsで利用できるサービスは豊富にあるので、まずは様々なサービスを使ってみるのが良いかもしれません。

使っていく中で自社に合うサービスが見つけられるようになるでしょう。

Posted on